時計知識を深めるため、お客様に正しい情報をお伝えするため、週1度時計に関する勉強会を行っております。

ブログ

ジョーブログさんの高級時計を押し売りする動画について。時計店としての在り方。

投稿日:

久しぶりにアクセス解析を見たら、もう二ヶ月ほど前にやたらとある記事が見られている事に気づきました。

正美堂で以前取り扱っていた、DELMA(デルマ)というスイスブランドの紹介記事です。
正美堂ブログ デルマ

ウォッチバイヤー 合田
ウォッチバイヤー 合田
11年も前の記事なのになぜ今さら?と調べていると、とある動画にたどり着きました。

有名Youtuberジョーブログさんの動画【一部始終】高級時計を押し売りするおばちゃんの手口を晒します

※以下ネタバレあります。

神戸の三宮駅周辺で、 時計のキャッチセールスをする女性を取り上げている動画でした。
以前からジョーブログさんの動画は好きでよく見ていたんですが、さすがに自分の商材と関わりそうな内容だったので、気になり見てみることに。
ジョーブログさんの動画
時計についてのアンケートといいながら、歩いている男性へ女性が声をかけ、かなり質問攻めし情報を得た後に、お店へ誘い出し来店したら最後、買わないとそのままでは退店しづらい雰囲気へと持っていかれるとのこと。

ジョーブログさんの動画
どうやら本当に時計店ではあるようですが、
途中で驚いたのはその時計のブランド名(ブランドウォッチ)について。

たまたまなのか動画で勧められていた時計が、以前正美堂時計店でも取り扱いのあった、スイスブランドのDELMA(デルマ)だったのです。
ジョーブログさんの動画

11年ほど前に取り扱いをしておりましたが、その後1〜2年で輸入代理店の取り扱いが終了してしまい、以降デルマの輸入代理店は消滅、日本では正規品がないブランドになってしまったのです。

日本では正規輸入代理店が存在しないため、並行輸入品でしか手に入らない時計なのです。つまりこの時計店は並行輸入品のお店と推測しました。

ウォッチバイヤー 合田
ウォッチバイヤー 合田
別に並行輸入品を否定したいわけではありませんが、気になるのはその販売方法。

アンケートと称しながら収入や支出、一人暮らしかなど個人の情報をさんざん聞き出し(学生など支払い能力難しそうと判断した人はそこで終了)、最終的には理詰めで時計を買わなければお店から出づらいような雰囲気へと持っていかれるというやり方。
以降デルマの輸入代理店は消滅

もちろん正美堂時計店にも実店舗があり、接客させていただいてますが、半ば押し売りとも取れるような販売方法は未だかつてしたことがありません。

あくまでも、時計に魅力を感じてもらえるよう、お客様の意向を汲み取りながらおすすめする時計をチョイスしています。

とはいえ時計店としても日々生活するために商売をしているので、売りたい気持ちはわかりますが、疑問に思うところがあります。
動画内では本来スイスの高品質な時計は100万円程度するが、デルマの場合30万円程度で手に入る、と説明されてました。

正美堂の過去のブログで掲載していたデルマのダイバーズは、当時の定価で10万円そこそこ。現在の円安やパーツの高騰を加味しても、さすがに30万円台にまで高騰するのかな?と疑問に感じます。
実際に公式サイトを見ると、同じモデルで1100ユーロ。

例えば内外価格差がない状態として、現在のレートでは日本円で15万円少々ということにあります。時計は基本的に右肩上がりが通常なので同価格帯はあり得ないものの、11年前と比べ極端な値上げにはなっていません。つまり正規品がないことをいいことに、かなり高めに価格設定されていると思われます。

ジョーブログさんの動画

時計店として人の隙をつくような商売はしたくない、と思わされる動画でした。

「正」しい品を「美」しく販売する「堂」々のお店として、正美堂時計店は在りたいものです。

  • 【一部始終】高級時計を押し売りするおばちゃんの手口を晒します。ジョーブログさんの動画はこちら。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

派手さはないものの、いろんな場所で使える時計

派手さはないものの、いろんな場所で使える時計 発売開始から三年目に突入した正美堂オリジナルウォッチ。少しづつパーツのバリエーションも増えてきて、革ベルトだけでなくブレスレットなど様々なバリエーションが …

no image

ルミノバとトリチウムのハイブリットウォッチ

ルミノバとトリチウムのハイブリットウォッチ トレーサーの2021年モデルであるP69ブラックステルス。常時発光しているトリガライトと、インナーベゼルには蓄光するルミノバが採用されており、どちらのいい部 …

no image

存在感のあるアンチャール

存在感のあるアンチャール ボストークヨーロッパのアンチャールは、正美堂時計店でも長らく販売しているロングセラーモデル。真っ黒いつや消しのケース、ベルトとイエローカラーの組み合わせが、時計の存在感を強く …

no image

見せ方で印象が変わる機械式時計

機械式の秒針は、さほど重要視する必要はない 新しいパーツが届いたのでとりあえず試作。ヘアライン仕上げのサンドウィッチ文字盤。そのままというのも味気ないので、二重の文字盤をいったん分解し、9時位置をくり …

no image

選ぶ楽しさがあるオリスのアクイス

多彩なカラーリングのアクイス スイスブランド、オリスの人気シリーズであるアクイスはサイズやカラーが豊富で、選ぶ楽しさがあるダイバーズウォッチです。同じモデルでも色が変わると印象も変わります。それぞれの …